法廷海-イルカ画というものは裁判を傍聴する席に座って、そこから見ることのできる範囲で絵を描くものです。法廷画家だからと言って特別な扱いがあるということはありません。これはどんなに社会的な注目を浴びている事件であっても原則的には同じです。しかし非常に社会的な注目を受けている裁判の場合には席を希望する人が殺到する可能性があります。その場合には抽選を行い、当選しなければ法廷に入ることも出来ません。
そのため非常に注目を浴びている事件の場合には最悪のケースとして法廷画家が誰も法廷に入ることが出来ないというケースも起こり得ることです。この様な場合には司法書士クラブに一定の席が用意され、すくなくとのその一席に法廷画家の席があてがわれるkと尾になっています。そのため画家が0になってしまうという問題は回避されることになります。


しかし殆どの場合においては抽選によってすべてが決められる仕組みが重視されており、画家だからと言って特別な待遇が用意されるわけではりませんし、あくまでも他の一般の人と同じ権利しか行使数rことはできる抽選に当たることを願って待つしかないのです。この様な仕組みで裁判の法廷に入ることのできるメンバーが決まります。