海05裁判というテーマでお世話になる専門職というとどうしても弁護士をイメージしてしまいます。実際に弁護士を立てて問題の解決に当たることは少なくありませんが、弁護士以外にも裁判において頼れる専門職は存在しています。例えば司法書士等は裁判において心強い味方となってくれる専門職として知られています。
司法書士は書類作成が専門と見られており、裁判事務を専門にしているという理解が多いのですが、それ以外にも140万円以下の低額訴訟においては経済的な利益に関する簡易裁判所での訴訟においては弁護士と同じように訴訟代理権を持っています。そのため少額の問題解決のために代理人として司法書士を立てることができるのです。


この様な現実はあまり知られておらず、実際に対応できる司法書士ばかりではないためにあまり一般的な選択肢にはなっていないのですが、いざできる司法書士であれば弁護士に依頼するよりも確実に安い料金で同じ仕事をするこそができるでしょう。そのため訴状の作成や答弁書の作成、準備書面、陳述書などを作成する場合には司法書士の力を借りて対応するという選択肢も十分に考えることができるのです。この様に弁護士以外の法律化も裁判で活躍することが出来ます。