空-稲妻廷画とは、カメラの代わりに裁判中の様子を伝えるイラストです。日本では、裁判所内でのカメラ撮影は制限されており、法廷内の映像は、代表カメラが被告入廷前の決められた時間のみ撮影できることになっています。入廷や裁判中の被告の様子などは撮影できないため、法廷画家が描いたイラストが、テレビ番組や新聞などで使われます。


裁判所で法廷画家が気をつけている注意点は、次のようなことです。
法廷画家用の席が準備されているわけではなく、傍聴席を取るのは早い者勝ちです。記者席には座れませんが、その他の席は自由に座れます。被告人が座る位置を想定して、見やすい席を取りますが、予想に反して見にくい場合には、退出してドアの小窓から見るなど工夫が必要です。
被告人入廷後は、被告人の様子、検察の態度などを観察しながらスケッチしますが、時間が限られていますので、1枚ずつ描くのではなく、数枚を同時進行で下書きしていきます。仕上げは後になるので、服装や色など細かいことはメモ書きしておきます。
カメラの代わりにありのままに伝えることを心がけることも大切です。イラストを描きながらも公判の様子は耳に入ってきますが、感情移入をして被告人を意図的に悪く描くことなどは避けます。