海06多重債務というのは簡単に説明をすると多くのところから借金をしていて首が回らない状況ということを意味しています。よくある例としては複数の消費者金融からお金を借りていたり、複数のリボ払いのクレジットカードを使用しており全体でみると支払いきれない様な額になっている等が挙げられます。現代社会においてはこの様な危うい状況であったとしても返済すべき金額を返済できているのであればそれほど問題視されることはないでしょう。


しかしこの様な多重債務状態が問題になる場合は、具体的な返済計画も返済能力もなく、安易な考えで多重債務に陥ってしまっている人の方が多いというのが現実であると言えます。返済のために新たな借金を行い、どんどん利息の高い借金に借り換えて行くことでどんどん泥沼状態になっていくというのがよくある流れなのです。
この様なケースにおいては可能な限り早くに対処することで債権者と相談ができる場合があります。その様な時期を過ぎてしまうとリスクの非常に大きな自己破産を視野に入れなければなりません。しかし自己破産は信用も含めて全てを失うことになりますのでとても推奨できることではないのです。そうならない様に早めに相談することが推奨されます。